スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

過去ログ更新・500HIT企画

もうね、ダメだよ。ダメ。
過去に追いすがってちゃダメ。
「黒歴史」なんて名付けて過去ログを垂れ流してお茶を濁してちゃあダメ。

とかいいつつ、今回の更新も黒歴史じゃねぇか。とか思ったアナタ。今回は俺の男を見せてやる。あ、男って言ってもアレじゃないからね。俺のアレは男ってより少年だから。しかもすごい恥ずかしがり屋。いっつも引きこもってんだ。俺としては何とかして皮、いや、部屋から出てきて欲しいんだ。

ところで天岩戸の話知ってる?アマテラスっちゅー神様が岩戸の中に引きこもっちゃって、他の神様達が歌や踊りですっごい盛り上がって、あらヤダ何だか外が楽しそうだわ、ってアマテラスが出てきてくれた、って話。だから俺の岩戸を開ける為に誰か文字通り一肌脱いでくれ。楽しそうだわって言わせてみろ。

まぁ、それはともかく、過去ログ更新しますがね。ええ。
今回は500HIT時の企画を丸ごとドロッと垂れ流すよ。

どうぞ。



「開会宣言」

おはようございます、おはようございます。
「イカそうめん」の【まー】でございます。

さて、昨日発動しました500HIT御礼企画。
みんなのテーマで書いてみよう大会にお越しいただき、実行委員長として御礼を申し上げます。
まぁ、実行委員、俺だけだけどな!

実に7本ものテーマを頂きまして、この【まー】、感激のあまり代えのパンツが必要でございます。
7本ッスよ7本。あやうく神龍出てくるわ。

実を言いますと、すでに7本とも書きあがっており、あとは投下するだけといった状態でございます。
ガッツンガッツン連打で投下するため、アソブログの更新欄は【まー】で埋め尽くされるのかと、今から興奮してビチョビチョになっております。

決してイヤガラセではございませんので、もし事情を知らない人が現場を見かけても「あぁ、アホが何かやってんなぁ」くらいに流して頂きたい所存でございます。

それでは、13時より開会したいと思います。
ハンケチ、ちり紙等をご用意の上、お時間までお待ちください。



「一発目!」

さぁ、やってまいりました500HIT御礼企画!
実はアソブログのカウンターの反応がおかしく、正確に500を踏んだ方が誰だか分からないという舞台裏!
だったらもう誰でもいいぜ、ぃやっほう!というのがホントの所だったりします!

と、いうコトで行ってみましょう!
最初のテーマは、erimomochanさんの「【まー】さんの夏の過ごし方」です!
一瞬、えろももちゃん、と読んだ俺はどうすればいいでしょうか!

さて、陰暦では4月~6月までを夏とするのですが、現在では6月~8月。
つまり、まさに今現在の時期が夏というワケです。
そう言われてみれば暑い。
個人的には梅雨が明けたら夏という認識だったのでうっかりしていた。

夏といえばイベント盛りだくさん。
海開きに花火大会に祭りに神輿。
いずれもクーラーの効いた部屋にいたのでは味わえない感動や興奮がある。
これらに参加しないワケには行きますまい。

海に行けば水着の女性がワサワサいる。
言ってみれば半裸ですよ半裸。全裸じゃなくて半裸。半分、裸。
この「半分」というのが曲者でね。そこのところがロマン輝くエステールなワケですよ。
コツとしては、水着でなくて肌の露出してる部分を見るコト。
水着を意識せず、肌の部分だけに意識を集中するとあら不思議。
なぜか水着がボヤけ、裸に見えるワケですよ。お試しあれ。

花火に行けば浴衣の女性がワサワサいる。
鮮やかに彩られた涼しげな装い。洋服には無い風情が浴衣にはある。
夜空に花火が打ちあがり、彼女の横顔を照らし出す。空にきらめく花火より、キミの方がキレイだよ。そう思っても口には出さず、ただただそっと手を重ねる…。
っていうか、浴衣って下着つけないってホントかな!
その薄布を隔てた向こうに広がるパラダイス!
もうそれだけで生きていけるよね!

祭りに行けばイナセな女性がワサワサいる。
ハチマキしめたハッピ姿の女性。もう分かるね?
そう、ハッピの下にはサラシを撒いたおっぱいが!
よし来い、さぁ来い、どんと来い!
わっしょい、わっしょい、もっと来い!
祭りじゃ祭りじゃ!おっぱい祭りじゃぁぁッ!!

という感じで夏を過ごそうと思います。
まぁ、男ってこんなモンよ。
だよね?ね?



「二発目!」

さぁ、ガンガン行っちゃおう!
お次はちゅーりっぷさんのテーマで行こうと思います!
ちなみに「イカそうめん」はブログタイトルで、【まー】が名前でございます!
では、ちゅーりっぷさんで、「子供の頃の話」!

小学生の頃。
ウチの近所には中学校があった。
とは言っても、廃校になってから時間が経っており、あとは取り壊しを待つだけといった状態。
そこが俺の遊び場だった。
毎日そこに行っては日が暮れるまで遊んでいた。

ある日、いつものようにそこで遊んでいるとトイレに行きたくなった。
だが、廃校のトイレは汲み取り式で悪臭がヒドく、さらに昼間でも薄暗くて、幽霊でも出そうな雰囲気が漂っていた。

俺もオバケが怖い普通の子供でしたから、(ここには何かが出る。もし何かに出られたら、ボクのケツからも何かが出る!)と、そう思っていつもは5分ほど離れた自宅に帰って用を足していました。

しかしその日は運悪く、垂直直下型便意。
よはや一刻の猶予も無い状況、家まで戻っている時間は無かったのです。
国辱モノの生き恥を晒して友達に「ウンコが怖い」とワケの分からないコトを言い、トイレまで付いてきてもらう。

「絶対待っててよ!」と言いながら、トイレに進入。

壊れた水道管からはピチョン…ピチョン…と水滴が垂れ、中には悪臭が漂っている。
窓からは生い茂った木に阻まれた日光が弱弱しく差しこみ、誰も使うコトのなくなったトイレを照らす。

ハンパじゃなく怖い。
しかし俺の便意もハンパじゃない。
恐る恐る個室に入り、ギィィときしむドアを閉める。

そこで俺は見た。

ドアの影に。

まるで隠れるように。

そこには。

ドサッとエロ本が。

誰かが捨てたんだろうね。
もう、幽霊とか悪臭とか便意とかどうでもよかった。
「まだ~?」と問いかける声もどうでもよかった。
その日、俺は大人への階段を発見した。

という話なんだけど、実はこの話には続きがありまして。

その日の帰り際、友達と話をしたところ、「俺、「まだ~?」なんて聞いてないよ」と。

はてさて、あの声が誰のモノだったのか。
今でも謎のままでございます。
エロスの一念、恐怖も通す。



「三発目!」

ぃよっしゃ!盛り上がってるかい!?
来てるぜ来てるぜ!三本目だぜ!
準備はいいか!振り落とされんな!

お次はこの人!美鈴さんで「身の回りの英語特集」だ!

こないだも言ったけども、そこらじゅう英語だらけのこの世の中。
義務教育に英語が取り入れられてからどれくらい経つのか知らんけど、徐々に英語は日本を侵食してきている。

せっかく日本語という文化があるのに、英語に染まってしまうのはいかがなものか。
日本語の美しさ。それを知ってもらうために、身の回りの英語から日本語にしてやろうというのがこの企画なワケです。

さぁ、それでは参りましょう。
今回もエキサイト翻訳のお世話になります。

ジーンズのロゴ。
「CITY NATURAL」
翻訳…「都市の自然です」
ジーンズは元々農作業用なんだけどな。

ショルダーバッグのロゴ。
「baggage by point」
翻訳…「ポイントの手荷物」
肩から下げるクセに手荷物は無いだろう。
っていうか、「ポイント」はスルーか。

ガソリンスタンドで貰ったティッシュ箱のロゴ。
「CUSTOM」
翻訳…「習慣」
ティッシュで習慣。
アレか。アレのことか。

某有名ゲーム。
「dragon quest」
翻訳…「竜の探索」
どうやら主人公は目的を履き違えているらしい。
倒してるからね。

同じく某有名ゲーム。
「final fantasy」
翻訳…「最終的な幻想」
言ってみれば妄想か!
さすが大手だ!妄想もデッカいぜ!

タバコの箱に書いてあった文字。
「MENTHOL FLIP TOP」
翻訳…「メンソール宙返り先端」
なんか知らんが凄そう。
かなりの高得点を叩き出しそうだ。

どうだろう。
日本語の素晴らしさを堪能していただけただろうか。

ちなみに「イカそうめん」を英語にすると「Squid vermicelli」となる。
スクイッド・バーミセリ…。なんかちょっとカッコいいぞ。
英語は英語でステキだよね。ナイスだよね。

というコトで、「スクイッド・バーミセリ」の【よろめきます】がお送りしました。
意味分からん。



「四発目!」

うおっほほーい!
さぁさぁ、とうとう4本目!折り返し地点だ!
テーマをくれた順に書いていってるワケなんだけど、どうやらココから先は猛者揃い!
エロス、おっぱい、女王、Mといった単語がブンブン飛び交ってたぜ!
お兄さん、ちょっと半笑いで見てたよ!
どうしようもないな!

というコトで行ってみよう!
紫夢。さんで「おっぱいと自己紹介」だ!

どうも、こんにちは。
おっぱい大好き、【まー】でございます。

おっぱいを辞書で引いてみると、「乳汁・乳房を言う幼児語」とありました。幼児語ときたか、この野郎。
ここは大人のブログと銘打ってあるアソブログ。当然、そこでブログを書く人々も大人であるのが望ましいハズ。
幼児語で表現するのはよろしくないかもしれない。

ならば大人の呼び名を考える必要がある。

一般的に言うなら「胸」「乳房」と表現するのだろうけど、なんだか他人行儀に感じてしまう。
言ってみれば、苗字で呼ぶようなものだ。
俺とおっぱいはそんな冷たい間柄だったのか?
もっとこう、フレンドリーだけど時折厳しい顔を見せる、そんな関係であるハズだ。

ここで、おっぱいを幼馴染と考えてみよう。

小さい頃から兄妹のように育ったおっぱい。
どこへ行くにも一緒で、俺の後ろをちょこちょこと付いてくるおっぱい。
俺がカゼで寝込んでいると、俺の額に手を当てて熱を測るおっぱい。
「バカ、うつるから帰れ」といっても、プルプルと顔を横に振るおっぱい。
それだけで俺は元気になれた。違うところも元気になった。

そんな関係であるおっぱいを、今さら「胸」や「乳房」と呼べるだろうか。
否。俺にはできない。
これまでずっと「おっぱい」でやってきたんだ。

しかし、大人のブログで堂々と「おっぱい」と表現するのも問題だ。
ならば、どうする…。

…そうか!
おっぱいに愛称をつければいいんだ!
親しい者たちは愛称で呼び合うモノだし、直接的な表現にならないから問題もないハズ!

そう思って、おっぱいを「おっちゃん」と呼んでみたところ、なぜだか急に嫌いになりました。

やっぱり今後もおっぱいでいきます。



「五発目!」

えんじょ~~~い…マイライッ!
みなぎるみなぎるエロスがみなぎる!
俺のギアはいよいよサードに入ったぜ!
ギア・サード!と言いながら股間から煙が出てきたぜ!

さぁさぁ5本目のテーマはuyamasaさんで「M体験談」だ!

戦場のマゾヒスト、【まー】です。こんにちは。
いや、言ってみたかっただけなんですけど。
どうも勘違いをされているご様子ですが、俺、生粋のSなんですよね。
しかしながら、テーマには忠実に従う、という公約がある以上、きっちりM体験について書きますよ。

というコトで、ステディに対し「俺を調教してくれんか?」と問うた所、「ほえ」という気の抜けた返事が返ってきました。
早速失敗したようだ。

そこでネットを駆使して女王探し。
ヤフーにてダイナミックに「マゾ 女王」と入力し、検索ボタンを押す。
すると「マゾっこちゃん、いらっしゃい」というページが目についた。
コレだ!そう思った俺は躊躇い無くクリックした。

表示されたのは三枚の写真。
なんかチューブ付きのペットボトル(水入り)を構えてる。怖いので何に使うのか考えてはいけない。
だが何より怖いのは、それを構えている女王自身。山賊かと思った。

どうやらこのページ、進むごとに写真が表示され、擬似M体験をできるらしい。
さぁ、勇気を出して進め俺!クリック!

○○○の調教部屋にようこそ

ぐぅッ!?
さらに山賊度を増してやがる!
なんか刺さってる!なんか刺さってるよ!
だが、まだまだぁッ!クリック!クリック!

ご褒美の顔面騎乗だよ

ぐぁッ!?
山賊の股間を下から撮った写真が動き回る!
なんて凝ったイヤガラセだ!楽しくなってきたぜ!そうか、これがMの極意か!Mって楽しいぜ!クリック!

む、「ホームへ」があるというコトは、ここが最後か。
短い間だったが、俺に「Mとは何か」を教えてくれてありがとう山賊、いや女王様。
貴重なM体験をさせてくれた感謝を込め、「ホームへ」をクリック。

どうやらスナックのページだったようだ。

えーと、なになに…。
所在地、新宿2丁目…。

…新宿2丁目?

女王じゃなくて、王じゃねーか。



「六発目!」

ヨロレイホォォォッ!
残すところ、あと2本になったぜ!
なんか手の甲が痛いけど、その辺はスルーだぜ!

6本目はB助さんで「魔法のおっぱい・ひじきの壷」だ!

おっぱい好きの間に伝わる壷がある。
その壷を手にした者は「魔法のおっぱい」を得るという。
伝説を知る者は皆一様にそれを求めた。

ある民族学者によると「おっぱいを崇めている民族が存在する」とのコト。
それを聞いた我々取材班は、現地へと飛んだ。

容赦なく照りつける太陽。
どこまでも続くかのような地平。
景色は蜃気楼で歪んでいる。

我々は地元おっぱい協会のバナムスさん(41)の案内で、ジャングルの奥へと向かった。
木々を掻き分け、獣道をひたすら進む。

どのくらい進んだのか。
いつしか視界は開け、目の前に大きな湖が現れた。
そのほとりに、木を削って作った大きなオブジェがあった。

美しい流線型のフォルム。
間違いなく、それはおっぱいだった。

もっとよく見ようと近づいた時、足元に矢が突き刺さる。
矢の放たれた方を見ると、弓をかまえた青年がこちらを見据えていた。

「オパニ、カラーナ、バズス!?」

その部族の言葉で「おっぱいを汚す者」という意味だ。
バナムスさん(41)の説明で誤解が解けると、青年は人懐っこい笑顔を浮かべ、村へと案内してくれた。

そこで村長と面会するコトができた。
村長は一つの壷を我々に見せてくれた。
「ヒジキ・メタ・オパニ」
「完成されたおっぱい」という意味を持つその壷は、専門家の間では「ひじきの壷」と呼ばれ、伝説上のシロモノとされていた。

中を見せてくれと頼むと、「後悔しないか?」と念を押される。
夢にまでみた魔法のおっぱいが手に入るんだ。後悔などするワケがない!と伝える。
それを聞いた村長は頷き、壷を開けた。

壷には何も入っていなかった。

戸惑う我々に、村長は告げた。
「魔法のおっぱい、それはワシらの心にある」

胸を打たれた。
人によって好みには違いがある。
その人にとっての理想のおっぱいは、その人の心にしか有り得ない。
それこそが魔法のおっぱいだったのだ。

というお話。
言うまでもなくフィクションだ!



「七発目!」

アナボリック・ステローーーーイド!
いよいよ500HIT御礼企画も感動のフィナーレ!
とうとう痛みが手だけじゃなく、腕の方までキタぜ!
正直、もう二度とやりたくないのが本音だ!
よくここまで頑張ったな、俺!
あとで丸ごとバナナ買ってやる!

さぁ、ラストの7本目!
りょうじさんで「好きな攻められ方」だ!

俺は攻められるよりも攻める方が楽しいです。
いわゆるひとつのSなのですが、MとSは表裏一体。
とことんSである俺は、逆に言えばとことんMにもなれるハズ。
新宿2丁目のせいでちょっと、いや、かなりMがイヤになったけど、それはそれ。
有り余る性欲でカバーしてやろうと思います。

それでは具体的な話に移りましょうか。

さて、「攻める」と言えば「戦い」です。
ある種、セックスとは戦いだと思うのでございます。
戦いに勝つ事はイカせる事に他ならず、戦いを有利に進めるためには弱点を突くのが定石でございます。

戦いにおいて弱点を突かれるというのは決していいコトではありませんが、セックスにおいてはどうでしょう。
弱点を突かれれば、その分の快感を得られるのですから、あながち悪いコトとも言えません。
つまり「弱点を突かれるコト」が、そのまま「好きな攻められ方」となるワケです。

では、俺の弱点を晒します。

舌先で首筋・横っ腹などをなぞられると大変ゾクゾクいたします。耳とかも凶悪です。声とか出ます。
まぁ、言うまでもなく、ちんこも弱いです。弱いので守ってあげてください。母性本能くすぐります。
意外とムードに弱かったりもします。時には乙女のような純粋さでもって雰囲気に酔います。後で恥ずかしくなります。
涙目で上目遣いとかされたらリミッター切れます。ちんこ飛んでいっちゃうんじゃないかと心配になります。
攻められ方とは違うかもしれないけど、車の運転中にフェラーリとかさせてみたいです。ドッキドキです。

といった所ですか。
意外と沢山出てきて本人もビックリしています。
なんだかんだで俺はSにもMにもなれそうです。

まぁ、オナニー好きだものな。
一人SMみたいなもんだ。
ホントいつか消されるぞ、このブログ。



「閉会宣言」

本格的に腕がダルい【まー】です。お疲れサマンサ!

いや~、なんだかんだで終了しましたよ。
500HITがちょうど休日にかぶってくれなかったら、こうは行かなかったでしょうな。

唯一の心残りといえば、アソブログの更新履歴が【まー】で埋まらなかったコトでしょうか。
最新の記事しか表示されないのな。チッ。

何にせよ、この心地よい達成感。
コイツのためなら、いつの日かまたやってしまうかもしれない。
だけど俺はMじゃない、Mじゃないんだ。

テーマを提供してくれた皆さん。
ホントにありがとうございました。
ただいまBGMにサライが流れております。

今回は残念ながら応募に参加できなかった皆さん。
いつかまた思い出したようにやるかもしれません。
その時にはぜひともご参加くださいませ。

さてさて、10分ばかりの短い大会でしたが、お付き合いくださり、ありがとうございました。
これにて、みんなのテーマで書いてみよう大会を閉会したいと思います。

それでは、また次回の更新でお会いいたしましょう。
しーゆー。



はい、ここまで。

いやぁ、我ながらよくこんなに書いたモンだ。
やっぱ書き始めるキッカケがあるとキー打つ速度も速くなるってモンですな。
ここで○○○HIT御礼企画をやるとしたら、10000HITくらい?
まぁ、そこまで続いてるかどうか怪しいモンだけどね。

それはそうと、今回の更新はこれだけじゃあない。
「後悔日誌」と「黒歴史」に続いて、新カテゴリを2つも追加して更新しちゃおうってんだから、なかなかどうして剛の者だよね俺。

一つは「写真で一言」。
その名のとおり、どこからか拾ってきた写真に一言付け加えて笑いにしてみよう、っていう明らかに松本人志氏の一人ごっつからパクってきた企画。
まぁ、たぶん一言で済まないだろうと思うけど、それはそれ、これはこれ、お前のモノは俺のモノ、お前自身も俺のモノ。え、じ、ジャイアン…?(ポッ)

もう一つは「転乱界」。
展覧会をもじって付けたその名の如く、絵を描いちゃおうぜ、ってコトですな。
百聞は一見にしかず、というワケではないですが、文字では伝わりにくいコトを絵にして伝えようってワケだ。
ただ、以前にも言ったが、俺の絵を描く環境はマウスでペイント。タブレットにフォトショップなどという高尚なモノはマイPCには備わっておりませぬ。
まぁ、ほら、ワープロ全盛のこの時代に、あえて手書きが見直されるようにさ。ペイントでマウスっつーのも、それはそれでイイ味出るんじゃねぇ?知らんけど。

まぁ、この2つを新たなカテゴリとして、今後もやっていこうと思うワケです。
さぁ、忙しくなってきやがったぜ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

出会った頃を思い出した♪

この頃に お邪魔したんだよ
そしたら いきなり 7発(全部で9本かな?)を連投してて
この人 すごぉ~♪ で 一気に惚れたんだよねぇ(≧∀≦*)
もぉ~ 離れないからぁ~

こんなもんでいい?岩戸開いた?        ダメ?

んじゃ
いい加減に ココ開けて 出てきなさい!!
今なら 許してあげるから!!

どぉ?

6㌢ | URL | 2006年09月15日(Fri)00:47 [EDIT]


こん!こん!
ノックしてみた。

檸檬 | URL | 2006年09月15日(Fri)02:47 [EDIT]


ぁあ~~なつかすぃ~~~w
確かにコレは感動した!すごぃ人がいるもんだ~っと!


ウチの裸でイイでつか?。゚+.ヾ(´∀`*)ノ キャッキャッキャ。+.゚

紫夢。 | URL | 2006年09月15日(Fri)16:26 [EDIT]


こんばんは^^

一気に読みました^^
リアルタイムで読めなかったのが残念です。。

きみきみ | URL | 2006年09月15日(Fri)19:59 [EDIT]


(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

こうやって全部一気に載ってるとゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゜Д゜) ス、スゲー!
これだけを一気に載せたんだもんね~(=^‥^A アセアセ・・・
とても真似で来ませんわ~(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり

美鈴 | URL | 2006年09月15日(Fri)20:13 [EDIT]


お久しぶりです^^
エロモモちゃんです~♪
露出にいい季節になりましたね。
【まー】さんの車でフェラーリしてみたいですよ。
機会があればよろしくね♪

eromomochan | URL | 2007年06月25日(Mon)09:28 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。