スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

裏切りの街角

ホント世間ってヤツはクソッタレですよね。何かと言えば不祥事、詐欺、殺人、強盗…。人が人を騙し、人が人を殺す。正直もうオナカ一杯です。あまりに他人へ迷惑をかけるヤツが多すぎる。こんな世の中じゃ人を信じるなんてのも難しくなってしまいます。

人は人を信じるから生きていけるワケで、もしも人を信じられなくなったなら、それはとても悲しいコトだと思うのです。

俺も普段、死ねとかクソッタレとかおっぱい揉ませろとか言いまくってますが、なぜこんな言葉を口に出せるかというと、それは言う相手を信じているからなのですよ。冗談が通じるヤツだから、という信頼感があるからこそブラックなユーモアを発するコトができるのです。

死ねって言われたから死ぬなんてヤツはアホだ。と、そう思っていたのですが、ところがどっこい最近じゃこんなバカな話も有り得そうで怖い。いつだか新聞に、小中学生の子供達に「死についてどう思う?」という質問をした記事が載っていました。まったく最近の子供はどう育っているのか親の経験がない俺は知りませんが、「怖い」とか「悲しい」とか、そういう答えのなかに「またやりなおす」という一際異彩を放つ香ばしい答えが混じっておりました。あのな、ゲームじゃねーんだよ人生は。やり直したいからってやり直せたら苦労ねぇよ。「やり直そう」とか言って復縁するカップルは二度と心の底からの信頼を取り戻す事はねぇんだ。

ダンテの「神曲」という話の中で描かれている「地獄」にはいくつかの階層があって、最も重い罪を犯した者は最下層のコキュートスと呼ばれる氷地獄に落とされます。そこで罪人たちは首から下を氷漬けにされて涙も凍るような寒さの中で永遠に震えるしかないワケですが、その「最も重い罪」は何かというと、それは「裏切り」。誰かを裏切るという事はそれだけ重い罪だとされるワケです。

またある時の新聞には、ある事件の被害者の言葉が載っておりました。
うろ覚えですが、「一度クシャクシャに丸まってしまった紙はどんなに伸ばしてもシワ一つ無かった紙には戻らない」というコトを言っておりました。こいつぁ深いぜ。

先日、コンビニで支払いをする時にサイフの小銭入れを開けたら、フタの部分がボロッとボタンごと取れるイリュージョン。

前々からヤバいなぁとは思っていたが、とうとう来たか。でもまぁ、二つ折りタイプだし、使う時だけ気をつければそうそう小銭がこぼれ落ちるコトもないだろう。と、そのまま使い続けていたのですが、今日、コーヒーを買おうとサイフを取り出した瞬間にジャラジャラと小気味良いサウンドと共に小銭達が自販機の下へと滑り込みセーフ。

「ああっ!ボクの小銭たちがっ!」と、いい大人が人目もはばからず地面に這いつくばって半泣きになりながら自販機の下に手を突っ込んだワケですが、頑張って引き寄せた小銭達に混じってカブトムシの頭部とかがゴソッと出てきました。しかも、全部回収したのに96円しか無くてコーヒー買えなかった。こいつぁたまらん。

仕方なく俺は新しいサイフを購入すべく、買い物へと繰り出しました。

まぁ、コーヒー1本すら買えない経済状況では新しいサイフなど買えるはずもないので、途中で銀行に寄って金を下ろすコトに。カード片手にATMへ向かうと婆さんが一人。この銀行にATMは一台しかないので、大人しく待つしかない。ところがこの先客の婆さんが機械操作に疎いらしく、やたらとエラーを連発。

「えー…っと…これを押して…」
ピッ、ピッ…プー。
『もう一度、最初からやり直してください』
「あらま。えーと、これとこれを押して…」
ピッ、ピッ…プー。
『もう一度、最初からやり直してください』
「ありゃりゃ」

えぇい、もどかしい。
なんとか手助けしてやりたいが、他人の口座関係に手を出すのは色々と問題アリなので黙って待つしかない。しかもこの婆さん、何をそんなにやるコトがあるのか知らんが、ATMの横にガッツリ通帳とか積み上げてた。なんだかんだで婆さんが全ての作業を終えるまで30分ほどの時間を要した。

ようやく婆さんが最後の手続きを終えて退こうとした時。ATMが『お忘れ物がございます』と告げた。ATMを見てみると明細票が排出されている。

最近のATMは資源削減のタメか知らんが、明細票を発行するかしないかを選択できるようになっているモノがほとんどだ。ここのATMもそうなっているワケで、明細票が発行されているというコトは「発行する」を押したというコトなのだが、婆さん本人は「忘れ物?何も無いじゃない!」となぜかプチ切れている。

そのまま婆さんが帰ろうとしたので、なぜか慌てた俺が「あ、コレですよ多分」と明細票を婆さんに手渡してやる。

明細票からも結構な情報を拾われちゃうこんな世の中。赤の他人とはいえ、誰も被害に合わないならそれに越したコトはない。そのままスルーするコトもできたけど、知ってるのに見過ごすのもどうかな、ってんで手渡したワケですよ。

そしたら婆さん、俺から明細を奪うようにムシり取ったあげく舌打ちしてそのままさっさと帰宅。

あのね、俺はただなんとなくちょっとした親切心から手渡しただけで、感謝されたいとか、いいカッコしたいとか、そういうんじゃなくて、ただ単に「婆さんが自分で「発行する」を押したんだから必要なモノなんだろう」と思って行動したのですよ。

なのに婆さん、一言も無し。それどころか舌打ちってキミ。
いや、こう、会釈するとか「すいません」って一言言うくらいあってもいいんじゃないか、人として。別にお礼が欲しかったワケじゃないけど、そういう態度は無いんじゃねーか。レイプすんぞこの野郎。

確かに髪の毛ボッサボサで無精ヒゲ生やして死んだ魚をさらに殺したみたいな目をしてるヤツがそんなコトしたら(何この連続婦女暴行魔みたいな男は!?もしかして私の暗証番号とか控えていたのかしら!?)って感じで信用できないかもしれんけど、俺だって別に好きでこんなんじゃねーや!男の子だって泣きたい時とかあるんだからねっ!

心の紙が小さくクシャッと音を立てるのを聞きながら、ATMにカードを差す。でも、まぁ…別にお礼が欲しかったワケじゃないし、裏切られたなんてのは俺の勝手な思い込みさ。これくらいで人を信じられなくなったら終わりだぜ!とプラス方向に思いなおしながら残高照会したら残金587円。

うん。
金が入ってるのは銀行じゃなくて郵便局だったわ。
他人にどころか、自分に裏切られてりゃ世話ないぜ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

残金…

ふふ…硬貨が下ろせるATMでチャリンチャリンと鳴らせていた日々が懐かしい…。
と言っても先月の話しですが…。フフッ。

まぁ、見た目というのはそうですなぁ…いささか危険な香りを漂わせ過ぎましたかな。
年寄りと言えば坊さん…しかし、昔見たATM前に立っている托鉢坊主は…微妙なものでしたぞ。
無言の圧力…仏様もマネーがお好きなようで…。

B助 | URL | 2006年12月22日(Fri)02:12 [EDIT]


負けませんよ~

いいコトしてもね お礼言われなくても せめて ニコってして欲しいよねぇ
おつかれ!!

むか~し 貧乏者だった頃(今もだけど)は
銀行残高が587円だったりすると 窓口に行って425円入金して
ATMで1000円下ろしてました 残高2円・・・涙でます
今じゃ 顧客集金の現金を 生唾ゴッキュンで 見つめています
いつか これ持って逃げる・・・
ガソリンスタンドで 車で 『レギュラー500円分入れて下さい』って言った事もあります
今じゃ 会社の経費で あふれるくらい 自分で入れてます♪セルフ!!
ん?貧乏自慢大会だよね?

6㌢@仕事中 | URL | 2006年12月22日(Fri)10:48 [EDIT]


イヤぁ~ほんと、最近の子ども達の考えてるコトって、コワィねぇ。。
親も親だからねぇ・・・。(´・д・`)バぁカ

そんな婆さん、明細書丸めて鼻の穴に突っ込んでヤリマショー 
☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

紫夢。 | URL | 2006年12月22日(Fri)16:02 [EDIT]


ぁ、書くの忘れた・・・
ブログ変わったのねぇ~~~♪
なんか・・なんか・・・さわやかな感じで・・・(= '艸')ムププ

紫夢。 | URL | 2006年12月22日(Fri)16:04 [EDIT]


奥が深い・・

こんぬずは┏○ ペコッ
なんかね、いっぱいいっぱい突っ込みどころがありすぎてさ、
どこポイントにしようか迷ってしまう(¬ノェ¬)コショ

婆さんにレイプ・・ちと想像してしまったのを後悔_| ̄|○ ガクッ

裏切りか~・・
脱いだらすごいんです( ・ノェ・)コショッ
かなりの裏切り保障します( ・ノェ・)コショッ

ちゅーりっぷ | URL | 2006年12月24日(Sun)11:15 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。