スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

デジタリズム

突然だがアンタ、ネットとリアルを区別しているか?

インターネットの発達により、世界中の人間同士はリアルタイムで繋がるコトが可能となった。
だが、それはあくまで擬似的なモノであるというコトを忘れてはいけない。

ネットをやっている自分はリアルの存在であり、それは相手も同様。
リアルに存在する人間が、自分と同じようにネットに繋いでいる。
そうして俺たちはネットを通じて繋がっている。
そんなコトは今更言うまでも無い。

しかしながら、リアルの自分と、ネットの自分。
それらが本当に同一の存在だと言えるのか?

胸を張って「同じ存在だ」と言う人もいるだろう。
そういう人にこそ言いたい。「それは勘違いだ」と。

ネットを通した時点で、それは「自分」ではなく、「自分の中の一部分を持った分身」なのだ。
分身は分身で、自分は自分。それらは決して同じ存在にはなりえない。
限りなく近しい存在であったとしても、それはイコールにはならない。

さらに、その分身の存在は希薄なモノで、個を特定するための絶対的なファクターが無い。
誰の分身なのかを判断するタメには、どれだけ酷似しているか、という点にすがるしかない。
厳密に言えば、ネットでは個を特定するコトが出来ないのだ。

俺はここで【まー】と名乗っているが、この記事を書いている【まー】と、ひとつ前の記事を書いている【まー】が同じ存在だと思うか?思うなら、その根拠は?なぜそうだと言える?ここが「イカらーめん」だから?誰かがIDとパスを入手して勝手に更新している可能性は?IDとパスを共有した5~6人が交代で書いている可能性は?超高度なプログラムが自動書記している可能性は?【まー】という分身を作り出した人間がリアルに存在すると言い切れるのか?そんな可能性が100%無いと言えるか?

個人を個人として固定するためのファクターは、デジタル化されないアナログ情報にこそある。
身体の造形、息遣い、匂い、温もり、雰囲気、喋り方、テンポ、クセ。
そういったアナログ情報があって初めて個人を特定するコトができる。

ネットでの存在が希薄、ってのはそういうコトだ。
与えられた一握りの情報だけで個人を判別するしかない。そしてその情報は簡単に偽造できてしまう。
ネット上にアナログな情報は存在できず、デジタルな情報すらも多くは無い。その上、信頼性も高いとは言えない。
そんな限られた情報でしか固定できない「ネット上の個人」の存在感は酷く薄い。

そういった特性を持つネットは、ある意味で凄く怖いと思う。
例えばネットで「俺は映画監督です」と言えば映画監督になってしまうし、「子供が2人います」と言えば子持ちになってしまう。この記事以降、一切更新をしなければ【まー】は簡単に死んでしまう。ネットというのは、そういうモノなのだ。
リアルからの延長としてネット付き合いをしているのなら話は違うが、ネットから始まるネット付き合いはそういう一面も孕んでいるワケだ。

さて、ここに至って、「ネット上の個人」は信用に値しないのか?という疑問が浮かぶと思う。

ネットである以上、相手のリアルに干渉することは至極困難だ。
ネットでの言葉がリアルに影響を与える事があっても、それは直接的なモノではない。あくまで精神的な影響でしかないと言える。
例えネットでどう言った所で、リアルに事を起こす事ができるのはリアルだけだ。物理的なチカラはネットには無い。

そんな「ネット上の個人」は信用する事はできないのか?

答えはNO。
信用・信頼を置くためのベクトルがリアルとは違うからだ。

今の時代、ネットで男女が出会うのは最早珍しいコトではない。「ネット婚」なんて言葉もあるくらいだ。
「出会い系」なんてモノも流行った。100%では無いにしても、これは「ネット上の個人」も信用する事が出来るという事実に他ならない。
最初から結婚云々を意識していない分、お見合いよりもよほど親密になれる度合いは高いように思える。

しかしながら、ネット越しの人間に対する恐怖心や不安感を完璧に払拭するコトは難しい。
何せ顔も知らない声も知らない相手と文字だけで話そうと言うのだ。不安を感じない人間の方がおかしい。
デジタルで伝えられるコトなど、たかが知れている。

ネットからリアルに転じればその不安感も多少は拭えようが、何せネットは全国と繋がっている。
地域指定の出会い系ならともかく、普通にネットで遊んでいて出会った相手が近い場所に住んでいるとは限らない。こればっかりは運任せ、といった所だ。
もし北海道と沖縄の男女が出会ってしまい、恋愛感情にまで発展してしまったら…。

距離ゆえに、そうそう会えるモノでもない。
相手の温もり、相手の表情、相手の仕草。それら全てを諦め、乗り越えていくのは簡単な事ではない。
そんな2人をかろうじて繋ぎとめてくれるのは、温度を持たないデジタル情報のみ。
何と細くて危うい絆だろうか。そんな悲しい関係が続く事は可能なのだろうか…。

さぁさぁ、そこで提案するのがこのアイディア!

USB接続のアダルトホビー、男用(甲)と女用(乙)!互いにそれを装着してデジタルセックス開始!甲は乙、乙は甲に、それぞれの動きをフィードバック!
公式ホームページにあるチャットルームでボイスチャットを出来るようにしてさ!専用ヘッドセット(息遣いに反応してエアーが噴出され、「耳にフー」を演出する機能付き)で、さらなる臨場感を演出!
鍵付きルームで恋人と二人で楽しむも良し!コミュニケーションスペースで相手を探すも良し!最大6人同時参加の乱交ルームでグッチャグチャになるも良し!
プレイ後は相手IDに5段階評価つけられるようにしてランキング表示!五つ星の熟練者とデジタルセックスの限界に挑むも良し!一つ星の坊やに色々仕込んでやるも良し!
やっぱ本体はある程度の大きさはあったほうがいいよね!色んな体位があるんだからさ!縦横、様々な角度に対応でさ!それぞれの体に応じてS・M・L・XLとか用意してさ!XLって、お前この野郎!エロスだな!
んで、オプションも色々開発しようよ!おっぱいとか!温度調整できたりとか!薄めた香水を汗として分泌できたりとか!甲&甲や乙&乙にも対応できるようにするんだ!ネット恋人や遠く離れた夫婦、プレイにマンネリを感じてるカップルにもオススメ!もちろん、新たな出会いも有り得るかもね!

さぁ、指をくわえて見ているそこのキミ!
このシステムで相互に理解を深めようじゃあないかッ!
知ってる相手も知らない相手も関係ない!必要なのは本能だけさ!
キミの参戦を心待ちにしているッ!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

| |_・) チラリ!

( ̄~ ̄;)ウーン・・・確かにね・・・ネットで出会うのは怖いかもな~
みんながみんないい人であって欲しいと願いながらも本当のその人の事は
わからないもんね・・・最近はなくなってきたけど一時、他でチャットやってた
時期によくオフ会のお誘いがあったけど・・・やっぱり実際に会うのが怖くて
すべて.・゜゚(>ω<。人)ゴメンチャィって断ってた
それは今でも変わらないかな・・・会ってみたいでも怖いそんな格闘してる
ネットで知り合ってメール 電話 写メ交換・・・そこまでしてもやっぱり
実際に会うのは・・・怖いかも

美鈴 | URL | 2007年01月16日(Tue)00:49 [EDIT]


いくつモノ自分

人って 感情を隠せる生物だものね
リアルに付き合っていても 表に出てる部分って 氷山の一角
ましてや デジタルとなれば どんな風にも・・・
もっと知りたい もっとソバで感じてたい って
思う恋愛には不向きなものなのかもしれないね
出会いとしては あるのかもしれないけどね
恋愛なんて 綺麗な部分だけでは できないんだよね
その一方で デジタルだから 素直になれる って思う自分もいて
素直になり過ぎて リアルでの付き合いが 照れくさいって感じる自分もいる
やっぱりココは リアルとは違う世界なのかもしれない・・・
でもでも じゃ リアルな中で
友人といる時 好きな人といる時 仕事をしてる時 家族といる時の自分が
全部同じか といえば これもまた違う気がする
そんで 昨日の自分の考えと 今日の自分の考えも また全然違ったり
人は 何個も個体を持って その中で折り合いつけて
生きていくのもなのかも知れないね♪

6㌢ | URL | 2007年01月16日(Tue)09:36 [EDIT]


このアイデア.。゚+.(゚ー゚)。+.゚ イイ!! 
テレフォンセッ○スやチャHの延長やねっ!
ウチはリアルでも逢ってたりするからぇぇけど、
遠くて逢えなぃ、逢いたくてもコワィとなどという、
ネットカレやネットカノがいる人には、もってこぃかも!w
これが開発されれば、いつか【まー】サマとも・・・(´ー`*)。・:*:・ポワァァン
ぐへへ

紫夢。 | URL | 2007年01月16日(Tue)15:46 [EDIT]


うわ~俺高校時代ふっつうに携帯で出会い系使って遊んだ事ある。。ってか当時は俺の周りはほとんどやってたからあんまり違和感がなかったし、それが流行っていう認識だったなぁ。女子高とか中々出会えない子とかにあうにはもってこいでしたけどwwまぁ最近じゃ色々物騒だしなんか事件的なトラブル多いし大学以降さすがに使ってないですけど。だって俺達が見る癒し動画のサイトv-114にある出会い系なんか恐くてクリックもできないですよ!

マッサ | URL | 2007年01月23日(Tue)04:22 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。