スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コンビニ戦線 異常アリ

コンビニ入った瞬間に男が女を背中からギュッとしてる光景が目に飛び込んできて思わずのけぞってムーンウォークで財布を取りに戻ったフリしてやりすごした【まー】です、どうなってんだこの野郎!俺の週末の予定は24時間オープンだ馬鹿野郎!なんだよチキショウ!ちょっとアダルティックな雑誌とか立ち読みワクワクさんだったのにブチ壊しだZE!ファック!

大体、コンビニで抱き合うなんざ俺から言わせりゃテロリズムですよ。
一日を戦いぬいた男たちは重い体を引きずってコンビニにやってくるんですよ。

陳列された棚の中から微笑みを向けてくる女たちと戯れる。彼女たちは物言わぬ癒し人(セラピスト)。心が癒されぬならば、せめて体だけでも…。男たちはそんな想いを胸に彼女たちを買うのさ。たとえそれが商売で、たとえそれが偽りだったとしても。

そして誰が作ったとも知れぬ弁当を選び、時には温泉タマゴを合わせ、それを「豪華」と称する。たかが温泉タマゴと笑わば笑え。しかしそれは何にも代え難い至高の贅沢。毎日数時間のサービス残業をこなし、体も財布も疲れていくばかり。そんな中での温泉タマゴ。そうさ、明日は給料日…今月を生きた自分だけに許された特権。そんな小さな贅沢を俺は笑わない。笑えない。

だけど本当は分かっている。今の自分がどんな姿なのか。生きるため…そう割り切ってはいても、時として悲しくなる時がある。穴の開いた靴下を問答無用で洗濯機に放り込まざるを得ない時がある。

ただ、生きるタメに…。
それだけのタメに…。
仕方がないのさ…。
生きるタメだ…。

そう自らを納得させようとした時、問いかける声がする。

「あたためますか?」

その澄んだ声は荒み切った心をなでるような一陣の風。
その暖かな声は冷え切った心を暖めるような一片の陽光。

もう…あたたまりました。

「ありがとうございました!」

こちらこそ…ありがとう。

そうして男は明日もまた生きる。
いや、生きるのではない。生きられるのだ。
明日もまた、コンビニに来るために…。

ってな場所で、働く独身男にとっちゃ聖地なワケですよ。それなのに入った瞬間抱きあうカップルがお出迎えとか何よ。一瞬何が起こったのか分からんかったわ。そらショックのあまりマイケルにもなるっつーの。

なので、とりあえず横でキッツいエロ本でもガツンと広げてささやかな反抗してやろうと、おもむろに手に取ったエロ本がスカトロ物。
こりゃまさにゲリラ戦ですな、がっはっは。とか思ってニヤニヤしてたら、そそくさとカップルが逃げ帰って行きました。

ふ…他愛の無い…。
その程度で俺の聖地を汚せると思ったか!

心の中で勝ち鬨を上げ、意気揚々とエロ本コーナーを後にする俺。
だけど、この時の俺は知らなかったんだ。
弁当コーナーにはカレーしか残っていなかったコトを。

おなかすいたよう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

みせつけられちゃったのねナデナデ( ,,´・ω・)ノ"( ;д;。)
更に後ろから抱き付いてあげればよかったのに。゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャ
それとも前からの方がいいのか?(´゚艸゚)∴ブッ

美鈴 | URL | 2008年08月23日(Sat)09:57 [EDIT]


うぉぉ~~

こんばんは^^

後ろからって・・・ニンマリしちゃいます^^
後ろからって言われると・・・私的には
「俺じゃだめか?」なきむたくを思い出しちまいます^^

きみきみ | URL | 2008年08月27日(Wed)00:21 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。