スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

過去ログ更新、一発目

さてさて、それでは過去ログで楽々更新とシャレ込みますかな。

大体、1日1000文字くらいと考えて、1ページ4日分くらいでいいか。あんまり多すぎても読み込み遅くなっちゃうからね。

楽々更新とか言いながら、こういう風に書いちゃってたらあんま意味なくねぇ?とかいう疑問もあるとは思うけども、ただ無言で過去ログ垂れ流すのも何だか寂しいかなぁ、とか思うのよ。でも、もしかしたら無言の方が逆に放置プレイっぽくて興奮しちゃったりするのかい?このドMが!脱がして縛って目隠ししてコンビニ行っちゃうぞ!

あと、順番間違ってたりするかもしんないけど、まぁ、それはそれで楽しんで欲しい。CDプレイヤーとかにもランダム再生とかあるしさ。プラス思考で行こうぜ。いや、もちろん順番どおりにアップするように努力はするけどね。誰にだって失敗はあるんだから、もし順番が間違ってても責めちゃいけないと思うよ。お前とバスケやるの…息苦しいよ。

さぁ、そんなワケで過去ログ垂れ流しを始めますか。
では、どうぞ。



「経済大国日本」

カーナビというモノがある。
ご存知のとおりカーナビゲーションシステムの略称で、その名の示す通り、道案内や渋滞情報などを提供してくれるなんともありがたいヤツである。

だが正直なところ、普段の生活でナビなんて使わないし、使いたいとも思わない。
公道には案内板なども設置されているし、よほどのコトが無い限り目的地に辿り着ける。どうしても分からなければ人に聞けばいい。

そんな俺ですから「ナビぃ?そんな物は必要ねぇ!道ってのは自分で作るもんだ!」と、ちょっとアタマの弱い娘ならクラッときてしまうセリフを吐いていたものです。

ところがどっこい、とある事情で最新のナビを購入。いやぁ、やっぱナビくらいついてないとね。

で、このナビ。
電源が入るとCGの女性がでてきて「今日は○月×日、△△△の日です」と、その日その日の情報まで教えてくれるんですわ。
さらには「質問させてもらってもよろしいでしょうか」などと、俺自身のコトを色々と聞いてくる。

ハイテクだな、この野郎。と慣れないカーナビを楽しむ日々だったが、色々いじってる内に、このCG女性に「日向エリ」という立派な名前がつけられているコトが分かった。
しかも「友好度」というシステムがあるコトも判明。

どうやら、ナビを使うコトでエリちゃんとの友好度が上がり、使わなければ下がる。
友好度が高くなるとエリちゃんの言葉遣いがより親密なものになっていく、というシステムらしい。
何だコレ、ギャルゲーか。

そんなギャルゲーシステムを搭載していると分かったある日、エリちゃんがこんな質問をしてきた。

「恋人はいますか?」

こ、この野郎、そんなプライベートな情報を仕入れてどうしようっていうんだ。
なぜだかオドオドしながら「いる」を選択する俺。

「そうですか」と言って姿を消したエリちゃん。
なんとなく暗い表情に見えたのは気のせいだろうか。

いない、と答えたらどうなっていたのか非常に気になる。
「そうなんですか、よかったぁ♪」などと言われた日にゃクラッときてしまうかもしれない。
あぶねぇ、あぶねぇ、そんな手に引っかかる俺じゃあないぜ。

と、ここまで考えて(俺も大分アタマ弱いな)と気づいた。てへ。



「恐怖のコンビニ」

携帯電話ってすごいねぇ。
写真や動画、テレビもみれるし、ネットもできる。
携帯無しの頃はどうしてたんだろうなぁ、ってくらいに浸透してますな。

機種を提供する企業は、各社様々な工夫を凝らしてユーザーを惹きつけようと試行錯誤している。
通話音質、メモリ容量、カメラの画質、ネットの快適さ、などなど…。

まぁ、機種を選ぶ基準はそれぞれの好みですが、俺の場合「着信メロディの音質」、コレね。
やっぱキレイな音で呼び出されると通話時のテンションも違う。
調子いい時なんか、着メロ聴いてて電話出ないもの。

最近じゃ「着うた」なんてのもある。
メロディだけでなく、歌付きで呼び出してくれるステキな機能。
カップルだらけの公園で大音量の「童貞ソーヤング」とか流したい。一発ヤルまで死ねるか!って熱唱したい。くたばれカップル。

正直、歌が流れるなんて恥ずかしい、って人も中にはいるんじゃないでしょうか。でもね、恥ずかしがってはいけない。

今日ね、コンビニで立ち読みしてたんですよ。
成人コーナーの雑誌を一般コーナーにて読む、という中学生御用達のワザを繰り出して読んでいたんですよ。
そんな時、ヤケにPOPな曲調の歌が店内に響きましてね。

(大塚愛のさくらんぼ…?また古い選曲だな…)と思いつつも、雑誌を読みふけっていたんです。
そしたら雑誌がほんのりエロスな漫画に差し掛かりまして、(こりゃ気を入れていかないとな)と、周りを見渡したその時、異様なオーラを放っている男が目に留まりました。

携帯片手にうつむいて何かを呟いている男…。

その携帯から流れるPOPな曲…。

さくらんぼを…歌っているだとッ!?

その瞬間、確かにそのコンビニには魔物がいた。
さしずめ、大塚愛は小悪魔とでも言うべきか…。

恐怖に足が震える。ノドは水気を失い、心拍数が上がっていく。
魔物を刺激しないよう、そっと店を出ようとした刹那、その魔物と小悪魔の歌声がハモりながら響く。

「もーいっかい♪」

それ聞いた瞬間、俺は逃げ出したけど、彼は最後までとても楽しそうだった。彼を思い出せば、着うたが恥ずかしいなんて言ってられない。男とはそうあるべきだ。

でも、さくらんぼはねぇよな。うん。



「足りない」

足りない、足りないの。

スウェットでコンドーム買っていくカップルの恥じらいが、ではない。お前らちんこ取れろ、おっぱい4つになれ。
駅のロータリーをぐるぐる回ってるヤンキーの知性が、でもない。お前ら回って回ってバターになれ。

何が足りないって、このブログの文字数が足りないのである。
1000文字では足りない。俺の熱くたぎるこの思いを100%みんなに伝えるには、足りない。

元々、短文にまとめるのが得意でないのもあるが、それにしても1000文字では足りないと感じる。
見やすくするために改行すれば2文字分食ってしまう。さらに、

↑このように1行分のスペースを空けようとすると、なぜか2行分のスペースを空けないと1行分のスペースにならないため、4文字食ってしまう。

4文字あったら色んなコト言えるよ?
例えば「愛してる」。どうだろう、たった4文字で愛を語れてしまった。おっと、クラッくるのはまだ早い。
例えば「やめてよ」。どうだろう、たった4文字で否定の意思を表せてしまう。NOと言える日本人、ステキじゃないか。
例えば「ナマステ」。どうだろう、たった4文字で国際派好青年に早変わり。カレーが好きだ。

このように、たった4文字とはいえ、それに乗せられる思いは幅広い。
コレで1行スペースを使わない人にも1000文字では足りないと分かってもらえたと思う。
「っていうか、そんなに書かねーよ、バカ」という人もいると思う。
そういう人は捻挫すればいいと思う。

できれば2倍、2000文字は欲しいところである。
それだけあれば俺の思いを伝えるに事足りる。
スパークしながら「ちんこ」とか書ける。

ふと覗いたブログに並ぶ「ちんこ」の文字。なんとも胸が踊る光景ではないか。
もしかしたら「よーし、私も赤裸々な性生活を書いちゃおうかしら」という女性が出てくるかもしれない。

というワケで、文字数の増加を切に願う。
1000文字では足りない、足りないのだ。

っていうか、お前のアタマが足りねーよ。って思ったヤツ。
あとで職員室まで来なさい。



「日常に潜む罠」

ふと気づけば主な記事テーマが「日記」「つぶやき」「妄想」と、根暗丸出しだったコトに驚きを隠せない【まー】です。こんにちは。
気にせずどんどん妄想して呟いていこうと思う。調子いい時はさくらんぼとか歌おうと思う。

「幸と不幸は限りなく近しく、そこに明確な差は存在しない。なぜなら私と彼の価値観は同一のものではないからだ」

こんな言葉を聞いたコトはあるだろうか。
人はそれぞれ異なった価値観をもっており、考え方には温度差がある。
よく分からないという人は、幸を長所、不幸を短所に置き換えて考えるといいかもしれない。

たとえば活発で良く喋る人がいたとする。
ある人は「元気がいい人」と言うだろう。
ある人は「うるさい人」と言うだろう。

このように長所は短所になり、短所は長所になる。
それと同じで、幸と不幸も表裏一体、タロットカードの正位置と逆位置のようなものなのだ。

ある晴れた日。
俺は某レンタルショップにいた。
その日はたまたま「何か良さそうなものがあったら借りていこう」という、いわゆるフリースタイルでの来店だった。

アダルティックな情報を収めたメディアが並ぶコーナー、俗に言うアダルトコーナーが縮小されていた事に寂しさを感じながら、最新の映画が並ぶコーナーに足を踏み入れる。

そこで俺の目に留まったのは一人の女性。
目的のものに手が届かないのか、棚の上方に手を伸ばしている。
伸ばす手はプルプルと小型犬のように震え、短めのスカートから伸びる足は爪先立ちになっていた。

店員呼べば良いのにと思ったその時、彼女はいくつかのDVDを床に落としてしまった。
慌ててしゃがみ込む女性、ふわりと軽くスカートが舞う。

その瞬間、俺の視力は3.0になった。
爽やかな青を俺の目が捉える。
突如おとずれた幸せ。その瞬間、そこにいた男達は一つになっていた。
そう、全てを拾いあげ、振り返った彼女をみるまでは…。

彼女は細木数子に似ていた。

幸と不幸は表裏一体。
俺にとってあの出来事は不幸だったが、「細木数子だけでなく、パンツまで見る事ができた」と解釈すれば幸せなのかもしれない。

なお、彼女が手にした映画が「猟奇的な彼女」だったコトを補足しておく。
まさに猟奇的。



はい。とりあえずコレで4日分。
文字数にして約4000字なのですが、結構長いねコレ。
しかも、これらを書いてた時のブログの仕様が、2行空けなければ1行改行にならなかったため、その余分な1行を消す作業がプチめんどくさい。プチとか可愛く言っちゃった
まぁ、こういう感じでやっていこうかな、と思ったのですが、残り80本くらいあって愕然とする俺がいる。

まだまだ先は長いぜ。
とんだM企画になっちまった。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そんなに・・・攻めないで♪

Mだけど Mなんだけど・・・ 4つは多いわぁ
うん 攻めすぎ♪ お腹いっぱい!! 2度目でも 笑える(≧∀≦*)
こうやって見ると やっぱり1000文字 まーさんには 少ない♪

6㌢ | URL | 2006年08月31日(Thu)21:57 [EDIT]


「日向エリ」キタ━―━―━―(゚∀゚)━―━―━―!!
あれから「彼女」との関係はどぅなったんでしょ?w気になるトコロw
「コンビニのさくらんぼ男」もまた想像して笑っちゃったヨ~~ww
フフ、【まー】サマ、実はMになりつつあったりして・・・w(*ノ▽ノ)イヤン

紫夢。 | URL | 2006年09月01日(Fri)08:36 [EDIT]


男のさがでしょうか、露出のおおい服とか胸チラ、パンチラとか無意識に目が行くのはどうしたものか。。そういやカーナビの記事もありましたねぇ。なんか他の記事でも書いてましたよね?どうですその後日向エリちゃんとの関係は?恥かしがりながらスカートめくる・・・え?そこまでの機能ないって??

マッサ | URL | 2006年09月01日(Fri)16:06 [EDIT]


d(・∀・)ナイス!!

(ノ´▽`)ノオオオオッ♡前ブログは全部なくなっちゃってるからさ( ・ノェ・)コショッ
実は読み返したかったのよぉ。さすがMの気持ちは熟知してますな( ̄w ̄)ぷ
なんだか懐かしい感じがしちゃうね~
そうね、そうね。そんなのも書いてた書いてた(*´∀`)クスクス
また楽しみが増えたぞっと。

ちゅーりっぷ | URL | 2006年09月01日(Fri)20:36 [EDIT]


Σ(ノ▼ο▼)ノ オォオォオオオ!!

向こうでもしっかり読んだのにまたまたしっかり読んで笑ってしまった
ヾ(▽⌒*)キャハハハo(__)ノ彡_☆バンバン!!
ここでまた読み返すのもいいかもヾ(=^▽^=)ノ
o(*▼▼*)o ワクワク・・v-10

美鈴 | URL | 2006年09月01日(Fri)20:38 [EDIT]


こんにちは^^

やっぱり笑ってしまいます^^
次も次も次も・・。楽しみです!!

きみきみ | URL | 2006年09月02日(Sat)16:22 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。